シングルマザー マイホーム獲得大作戦!

Hapimamaのからくり・秘訣♪

どうやってピカピカのマイホームを1,000万円までで手に入れられるのか?
では、その秘訣を教えますね。
まず、物件のお話からご説明しますね。
通常銀行さんでの土地建物の評価ってどのように決まるか知っておられるでしょうか?実は木造なら20年、鉄骨で50年の耐用年数によって価値は概ね決まります。という事は、例えば、木造住宅などで20年程度経った家や鉄骨で30年程度経過したお家はほぼ土地代になるというのが不動産業界での常識になっております。
ただ、ほとんどのお家は20年30年と経ってくると、どこかしら痛んできて販売する前に屋根を修理していたり、水周り修理していたりすることが殆どです。
ここが重要なポイントです。
大事な事なので、もう一度言いますが、現在銀行や不動産業者はリフォームしても販売する際には評価しないのが通常だということです。という事は販売する側は極端な話、売ることを決める直前の年にお金の掛かる屋根は水周りなどをリフォームしていたとしても、その分を乗せて販売はしにくいということになります。
という事は価格以上の物件というのが、お宝不動産として存在するということになります。実際、工務店という立場から、せっかくお金入れて手が掛かっているのにつぶして新築をなんてもったいないなと思う物件は多いです。この価値以上の物件を手に入れられれば、後に説明しますリフォーム代も安く済むことになります。
では、どうやってこういったお宝物件を手に入れていけばいいのでしょう?また構造が大丈夫?や後ほど出てくる問題などどうやって判断したらいいのでしょうか?
この点に関しましては、私は、もう15年以上リフォーム業を営む中で、京都でネットでの相談数NO.1のリフォーム会社を経営しております。そこで、得たノウハウでもって、小予算からでも劇的にリフォームする方法を何千件と実際に施工してきております。
このお宝物件を、通常の不動産屋さんより、私はリフォームという観点から建物に精通しておりますので、判断できます。そして、そこで、お客さまの自由な発想を小予算から叶えるノウハウをもっているという自負しております。
また概ねの流れとしては、上記のリフォーム代も小予算で納まるお宝物件を探します。そこにご予算に応じて3パターンほどのリフォームをご検討いただけます。もちろんそのパターン以外にもお客さまに必要に応じてリフォームしていただいて大丈夫です。
その物件代+リフォーム代をまとめてローン組めるとなるといいと思いませんか?
リフォーム専門だからこそ安心な住宅のご提案、格安なリフォームの提供が可能となりますので、
ぜひ一度ご相談くださいませ。

『 最近、やっと正社員になって働いているのだけど、家賃払うので精一杯で、いつまで働いても先が見えないし、子供にも何とか安心して暮らせるお家を残せないかしら? 』
その一言が私の心を捉えました。
⇒ hapimamaのコンセプトについてはこちらをどうぞ!
マイホーム購入術の小冊子を無料進呈♪
さおりんがみなさまのお悩みを解決します♪
ご希望・ご要望など何でもお問い合わせください!